« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

マグ・ストラップ

今日のお買い物。

マグカップ。そして携帯ストラップ。

カップはコンランショップで、ストラップ はHAVANEで買いました。

Dscf0017_2 Dscf0016_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

直線美

ヒコーキ雲ってまっすぐです。

Sn3e0115

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

赤っっ

いちごの季節到来でしょうか。

これ、いちごのモンブラン。赤いですね~。

Sn3e0112

ところで、女子フィギュア。まおちゃん、キレイでしたribbonshine

衣装、いいピンクでしたね~heart02

キム・ヨナ、ほんとに憎たらしいくらい、こけないですね。。。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

paella!!!

自家製パエリア。

実家にて。

Sn3e0110

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

あら、ウメ

参宮橋公園に梅が咲いていた。

Sn3e0106_2 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

おお、トリオ

せっかくなのでオリンピックネタeyeshine

それにしても。

クマおじは、元来他人と競うような物事が好きではありませんsweat02

だから、これまでの人生を振り返ってみて、受験やら就職活動やらも「熱く突っ込んでいく!」という意気込みはなかったな~なんてしみじみ思います。

ひとつの学問を追究することなんかは好きですし、熱中するんですが、それを競うとなると、急に熱が冷めるんですね。

なんにせよ、他人を蹴落としてナンボという世界は、どうも好みではないのです・・・。

なので、会社においても、出世しようなどという野心はゼロでありますcoldsweats01

なんだか話がオリンピックから大いに逸れましたが・・・、

え~と、スポーツも、「いかにも競争!!」という雰囲気のものは、あまり好きじゃないんです、ということが言いたかったのです。まわりくどくでごめんなさい~。

というか、スポーツ観戦とか、まったく興味ナシですね~sweat01

ですが、例外的に好きなスポーツがあります。あるんですよこれが!

それは、

フィギュアスケートhappy02heart04

です。

競うスポーツであることにかわりはないけれど、その美しさ故に、「競争~!!」という雰囲気が若干弱められる気がするんですね。それに、衣装もきれいで、見ていて飽きません。

そして!!ここで、オリンピックネタが登場します。

今日は、男子フィギュアのショートプログラムでしたねgood(笑)

高橋選手、織田選手、小塚選手のトリオで臨むオリンピック。

3人とも本当にすばらしかったです。

クマおじ、欲を言いますと、

顔は小塚選手、体型は織田選手、技術は高橋選手、という選手がいたら最高だな~なんて思います。

昔、教祖が「サイコーですかー」って叫ぶ宗教がありましたが、いや、ほんと、サイコーです。

まあ、クマおじの欲はこの際置いておいて、実際は、やっぱり高橋選手の演技がすばらしかったですね。

思わず惹き込まれてしまいました。テレビの前で拍手してしまいましたよ~good

でもって、急にまとめに入りますが、フィギュアトリオに対して思うことは。。。

「あれだけ熱中できるものがあり、

努力を惜しまずここまできて、

あんな素敵なステージで、

世界中の人に向かって、

自分の演技を発信できる」

そんな彼らが、とてもとてもうらやましい!ってことです。

クマおじもいつか・・・以下略。

おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

つるしつるし

ご近所に、インドの無農薬ハーブティ、トゥルシーのお店がOPENしました。

お店の名前は、トゥルシトゥルシです。

新しいものができたら、早速出向くのがクマおじ!

というわけで、行って来ました、トゥルシトゥルシdash

しかし。。。

店内に入った途端、異様なにおいが・・・coldsweats01

一瞬、獣の勘で不安になりましたが、試しに購入してみることにしました。

帰宅後早速トゥルシー・ゴツゴラティーというのを煎れて飲んでみると~・・・。

ん~・・・。。。

ビミョー( ̄Д ̄;;

でも、ものすごい浄化作用があるらしく、飲んだ後はトイレが近くなりましたrun

ハイ、なんだか体にはよさそうです。抜群のデトックス効果eyesweat01が売りみたいです。

というわけで、トゥルシー、続けてみようと思います。

おまけのお写真。購入したお試しトゥルシー。

Sn3e0105

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ほろ酔いクマおじ

寒い。そして雨rain

雨だけど~、

お誕生日のお祝いということで、近所のレストラン、ル・ボヌールさんへランチに行きました。

ランチだけど~、

スパークリングワインを飲みましたhappy02

お昼からお酒・・・たまにはいいものですね。

というのも、このところ、過去の記事に書いたようなドタバタがあり、お酒を飲むことができない日がずーっと続いていたのです。

というわけで、約2ヶ月ぶりのアルコールでした。

久々のアルコールは効きますね。スパークリングワイン一杯で、けっこう酔ってしまいましたcoldsweats02

そうそう、ボヌールさんは、シェフがとっても大らかな雰囲気でいい感じです。以前、ランチをしたとき、給仕さんがちょっとがさつで、「あれれ?」と思ったのですが、今回は、そんながさつはまったくなかったです。むしろ、よく気が利く!!と思いました~。お料理の説明も笑顔で丁寧にしてくださって、ほんとに楽しい時間を過ごすことができました。

では、一応お料理のお写真など。携帯で撮影したらぼけてしまいました上に、前菜の牡蠣のジュレだけ撮影を忘れてしまった、うっかりなクマおじです。。。

写真は、白子→豚さん→いちご。イチゴのデザートはほんとに美味しかったdelicious

Sn3e0106 Sn3e0107 Sn3e0108

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Sweet Happy Birthday

私がこの世に

生まれた奇跡は

まだ続いてる

春みたいなあたたかないちにち。

今日は、クマおじのお誕生日。

電車の中で聴いた、つじあやのさんが歌う「Sweet Happy Birthday」(試聴はこっち

なんだかとても元気づけられ、勇気づけられ、励まされました。

私がこの世に生まれた奇跡は、まだ、続いてるんですね!

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

お、クロック マダム

寒いですねーsnow

今日は、代々木上原のウェストパークカフェさんに行ってきました。

今まで、前を通り過ぎてばかりで、一度も入ったことがなかったカフェ。でも、お店の人たちの雰囲気も、味も、とってもよかったです。

これは、クマおじの食べた「クロック マダム」です!!

Sn3e0103

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

のびのびくもちゃん。

クマおじ、久々に記事を書きます(*v.v)。

このことはブログには書くまい、と思っていたけれど、記録を残しておきたいという思いもあり、やはり書いておくことにしました。

なので、まあ、ひとりごとのようなものです。

■ひとりごと

1月のはじめ、妊娠していることがわかりました。とてもうれしくて、身近な人にだけ報告をしました。

2回目の検診で、心拍も確認でき、主治医の先生からエコー写真もいただきました。

まだ、もわもわ~とした小さなかたまりだったけど、確かにパクパクと元気に動いているのがわかりました。不思議な気持ちになりましたが、いのちってこうやって生まれるんだな、と感動しました。

エコーで見るその姿は、もわもわとして、まるで雲のようだったので、生まれてくるまでは「くもちゃん」と呼ぶことにしました。

電車に揺られて仕事に行くとき、「くもちゃん、揺らしてごめんね~がんばって~」と声をかけ、ストレスでいらいらしたとき、「くもちゃん、いらいらしてごめんね」と声をかけ・・・。

食事のときも「くもちゃん、おいしい~?」と声をかけたりしました。

今の職場はストレスフルで、本当に嫌なことがたくさんあるけれど、くもちゃんと一緒だと思うと、不思議と笑顔がこぼれました。ひとりじゃない、って気持ちがありました。

でも、3回目の検診で、悲しい出来事がありました。

心拍が確認できなくなりました。主治医の先生は、時間をかけて、何度も何度も角度を変えて確認しようとしてくれました。でも、やっぱり、くもちゃんは動かなくなっていました。

何が起こったのかわからず、家に帰って、ひたすら泣きました。くもちゃん、くもちゃんと何度も呼びました。

それでも、くもちゃんは生き返ることはなく、子宮内容物を除去する手術を受けることになりました。流産です。

主治医の先生には、初期の流産は25%程度の確立で起こることで、原因は偶然の染色体異常であることがほとんどだ、誰の責任でもない、自然淘汰だ、と言われました。

事実、同じ経験をした人は、周囲にけっこういました。残酷です。

でも、自然淘汰、ということばを聞いたとき、不思議と気持ちが落ち着きました。

人間がいのちを育むことは、この地球上の大きな自然の営みのひとつにすぎないということです。すごく簡単なたとえですが、草食動物は肉食動物に食べられる、とか、そういうレベルの自然の営みは、この地球上のあらゆるところで起こっています。丈夫じゃなければ生き延びることはできないのです。くもちゃんは、その営みのひとつだったと気づきました。

そのことに気づいたとき、「泣くなんて傲慢だ」とさえ思ったりしました。

それでも、悲しい。さびしい。悔しい。

この気持ちは、たとえ傲慢だと言われても、変わらないですけれど。

やっぱり、くもちゃんに会いたかったです。くもちゃんに見せてあげたかったもの、聞かせてあげたかったもの、食べさせてあげたかったもの、たくさんあります。

でも、くもちゃんは、自然の営みの中で勝てなかった。勝てるだけの力がなかった。

その力がなかったのは誰のせいでもない、といわれても、「力を与えてあげられなくて、ごめんね」という気持ちになります。本当にごめんね。

手術を終えて今日で一週間になります。子宮は順調に回復しているようです。

今、少し冷静になって、くもちゃんに対して思うことは、

ごめんね、ではなくて、ありがとう、です。

くもちゃんがお腹にいるとき、そしてくもちゃんを流産したとき、とてもたいせつなことに気づきましたから。

それは、

「自分にうそをつかずに生きていくこと」

です。

とっても簡単なことだけど、この1年、これができていなかった。いつも縮こまって、イライラして、何かから逃げるように生きていました。

だから、これからはもっとのびのびと!!!

今まで縮こまってた羽を大きく広げて、もっともっとのびやかに生きてみよう。

短い間だったけど、こんな縮こまった私のところへ来てくれて、くもちゃん、本当にどうもありがとう。

これから、のびやかなママになれるようがんばってみるよ。

そして、またいつか私のところへ来てくれるのを、ゆったり待ってるからね♪

以上、クマおじのひとりごとでした。お気になさらずに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »