« 尻餅finish! | トップページ | 明治神宮にて »

んま〜、えんまさま。

テレビ情報ですが、最近、

絵本、地獄

が流行しているそうです。

いわゆる子どもの「躾」として利用されているようですよ〜。

この絵、本気で怖いです。大人でも怖いです。

血みどろな感じで、地獄そのものの再現画像が満載です。

最初、このテレビの特集を見たとき、

躾のためとはいえ、子どもに対してやりすぎじゃない?

と思ったのですが、よくよく考えてみれば、

私も幼い頃、祖父に地獄の話はよく聞かされていたように記憶しています。

地獄にはえんま様がいて云々というような話で、

確かに子ども心に怖かったのですが、興味もあって、

興味3割、恐怖7割、といった感じでした。

で、結果、「悪いことはするもんじゃない」という

うすらぼんやりとした倫理観が私の中にできた気がします。

この自分の体験から思うのは、

子どもの目を通してみる「絵本、地獄」は、

決して怖いだけのものじゃないってことです。

もっと知りたいという好奇心も刺激され、

怖いような知りたいような、といったところでしょうか。

そして、時間が経ち、恐怖が薄れた後にぐっと心に残るのは、

「悪いことはしないほうがいい」

という漠然とした倫理観のように思います。

そう考えて行くと、決して極端な躾ではないのかもしれませんね。

勿論、「絵本、地獄」で泣き出す子、悪夢にうなされる子

もいるそうですので、十分注意が必要だとは思いますけど。

で、結論としては、刺激の強い躾だけど、

「絵本、地獄」ありかも。です。

子どもは子どもなりにいろいろ感じて、

それなりの答えを見つけ出すのでしょうから。

けど、悪とは何か?

(世の中で悪いと定義されている行為は、どうして悪いことなの?)

この質問の本当の答を子どもにお話してあげられる大人は

そうはいないかもしれませんね。

この答を見つけ出すのは、

長い長い人生の宿題でしょうか。(てーつーがーくー)

とにかく、

えんま様をなめんなよってことです。

Cocolog_oekaki_2012_03_30_14_35


|
|

« 尻餅finish! | トップページ | 明治神宮にて »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1149675/44689062

この記事へのトラックバック一覧です: んま〜、えんまさま。:

« 尻餅finish! | トップページ | 明治神宮にて »